魅惑のワイン大国

モーゼル川流域は、ルクセンブルの主要な観光名所となっています。温暖な気候と起伏に富んだ地形が美しいワイン畑を育み、そこで生産されたワインは国境を越えて広く愛されています。
 

モーゼル川一帯では、リースリング、ピノ・ノワール、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ゲビュルツトラミネール、オーセロワ、リヴァネール、エルプリング、シャルドネの9品種が栽培されています。グレーヴェンマッハの石灰石からなる土壌は爽快なワインを生み出し、レーミッヒの泥灰土は、より贅沢な味わいを生み出します。さらに、ルクセンブルクのワイン生産者たちはスパークリングワインの生産においても際立った成果を上げています。
 

またワインのテイスティングは、個人、ビジネスに関わらず、ますます人気になっています。ルクセンブルクでは、“Wine tasting with friends”というウェブサイト(www.winetasting.lu)でワイン試飲可能なワイナリーを紹介するなど、個人でのワイナリー巡りの機会がたくさん提供されています。

詳細はこちら (ワイン生産者の検索もできます。)