旅に役立つ 便利情報&リンク

旅に役立つ情報・リンク集

 

ルクセンブルクへの出入国

日本国籍の場合、観光目的の短期滞在には原則ビザは不要です。

 

*シェンゲン協定領域内におけるビザ免除で短期滞在が認められる期間:

「あらゆる180日の期間内で最大90日」

パスポートはシェンゲン域を出国時の残存期間が3か月以上必要です。

 

通貨:  ユーロ
 

時差:  ―8時間 / サマータイムの時期は ―7時間
 

Wi-Fi:

ルクセンブルク市および南部のエッシュ・シュル・アルゼット市一帯で公共の無料Wi-Fiが利用できます。カフェやレストランはもちろん街中でも無料で安全なWi-Fiをご利用いただけます。
 

詳しくは以下のウェブサイトをご覧下さい。

City Wifi

Hot City

 

ビジネスアワー

銀行:月曜日~金曜日 (8:30~16:30)

ショップ: 日曜日はお休みのところが多い
 

ルクセンブルクの祝日・スクールホリデー
 

電圧とプラグ

電圧220V、周波数 50Hz、プラグはCタイプまたはSEタイプ

 

空港から市内へのアクセス:

バス:Euro Bus(バス16)で市内まで約 25分

平日:午前5時半から午後11時 約10分間隔で走行 土曜日:20分間隔

日曜日:6時から 時 30分間隔

Airport バス情報

タクシー:約15分
 

レンタサイクル

ルクセンブルク市であれば徒歩のみでの散策も可能です。しかし、レンタサイクルも一つの移動手段。ルクセンブルクのレンタサイクルは、たったの1ユーロの登録料で、7日間は基本的に無料で利用することができます。自転車ステーションは街の至る所にあり、どこから乗ってどこで返却するかは自由。料金は最初の30分は無料、1時間の延長で1ユーロ、24時間最大5ユーロとなっています。

詳細は以下Velohのウェブサイトをご覧ください。

Veloh
 

ルクセンブルクのお土産

 ルクセンブルクワイン・チョコレート・はちみつ・マスタードなどが人気です。
 

ルクセンブルクハウス Luxembourg House

政府による「Made In Luxembourg」コンセプトにしたショップ。お土産物や食品以外にもファッション、アクセサリー、デザイン雑貨、アート作品、書籍など幅広い「Made In Luxembourg」商品が販売されています。

2, rue de l'Eau
L-1449 Luxembourg City
Tel : +352 26 26 26 27

営業時間等の詳細はこちら
 

大公宮御用達のチョコレートにはこんなお店も…

オーバーバイス(Oberweis)

16, Grand-Rue, Luxembourg 空港・駅にもショップあり
 

ナミュール(Namur)

27, Rue des Capucins, Luxembourg
 

ルクセンブルクの民芸品 ― ペッカフェルチェン (鳥の土笛)

ルクセンブルクのルクセンブルク市と南西部の街ノスペルトでは毎年イースターマンデーにEmaischenという市が立ち鳥の土笛(ペッカフェルチェン)が売られます。色鮮やかで多様なデザインがあり、毎年新しいデザインの笛も売り出されます。この土笛は、一年のうちこの日だけ売られます。

 

ルクセンブルクの料理

ルクセンブルクは美食の国です、ミシュランのスターレストランはもちろんカジュアルなレストランでも、近隣国の料理の美点を取り入れた質の高いお料理を楽しむことができます。

ぜひためしていただきたいルクセンブルクの郷土料理をご紹介します。
 

「パテ・オ・リースリング pâté au Riesling」

仔牛と豚で作ったパテを包んだパイ皮の中にリースリングワインのジュレが詰まったものでレストランだけでなく、OberwiseやKaempff-Kohlerのデリでも売られています。
 

「グロンペルキッシェルシャー Gromperekichelcher」         

千切りポテトのガレット (お祭りの屋台などでよく売られています。)
 

「ルクセンブルク・ソーセージ Lëtzebuerger Grillwurscht」

スパイスのきいたチューリーンガータイプのソーセージ。
      

「ボーネシュルップ Bouneschlupp」

 伝統的なルクセンブルクのインゲン豆とソーセージのスープ
 

「クェッチェンタルト Quetschentaart」

プラムのタルト、秋の季節のお菓子として食べられます。

 

ルクセンブルクの主なイベント
 

ナショナル・デー    

6月23日の建国記念日に合わせ開催、式典やパレード、花火、野外コンサートなどが催されるロイヤル・ファミリ―もお目見えするルクセンブルク最大のお祭りで、前夜祭から盛り上がります。
 

ヴィアンデン城・中世祭り

7月下旬から8月初旬にヴィアンデン城で開催される中世フェスティバル。騎士のショーや歌、大道芸の他カリグラフィーのデモンストレーション、中世マーケットなども開かれます。
 

シューバーファウワー(Schueberfouer)

8月中旬~9月にルクセンブルク市内のGlacis Squareで開催される移動大遊園地。1340年にヨハン・フォン・ルクセンブルクによってはじめられ、677年以上の長い歴史をもつお祭りです。ジェットコースターや観覧車、メリーゴーランドなど大型アトラクションから子供むけアトラクション、またたくさん屋台が大集結。ルクセンブルクの夏の終わりの風物詩となっています。
 

クリスマス・マーケット

11月下旬~クリスマス・イブにルクセンブルク市内や各地で開催されます。屋台では、クリスマスのオーナメントやくるみ割り人形など雑貨、ホットワイン、レープクーヘン、ソーセージなどクリスマスらしい商品が並び、イルミネーションも楽しめます。

主なイベントリンクの検索はこちら

 

ルクセンブルク語

こんにちは moien
お元気ですか? Wéi geet et dir?
とても元気です ganz gudd
ありがとう Merci
どういたしまして Dir sid Wëllkomm
乾杯 Prost!
はい Jo
いいえ Nee

 

出張や旅行に役立つルクセンブルク語ミニ会話講座動画はこちら

 

現地でのオプショナルツアー

ルクセンブルク市をはじめ各都市の現地でのガイドツアーやユニークなツアーを検索できます。

定番の徒歩での市内観光からセグウェイでの観光などテーマや目的にあった面白いツアーを見つけてください。

詳細はこちら


現地でのテイラーメイドの旅をお探しの方

ルクセンブルク在住の日本人運営の旅行会社SAKURA Voyages

モデルコースの作成や日本語での相談ができます。

Sakura Voyage


LIEF(ルクセンブルク報交流フォーラム)

通称「リーフ」はルクセンブルクに関する様々な情報を広く発信・交換・共有するためのオープンなフォーラムです。ビジネス、学術、文化、食、観光、人々の生活など、魅力あふれるルクセンブルクが多様な側面から紹介されています。

http://lief-lux.com


ルクセンブルク大公国徹底解説(日本語版)

ルクセンブルク地理、歴史、政治、経済、教育、文化、言語等の日本語で解説した「ルクセンブルク大公国 徹底解説」はこちらのページからからダウンロードできます。


お役立ちリンク集

在日ルクセンブルク大使館 ビザ手続きなど
在ルクセンブルク日本大使館 滞在中のパスポート再発行など
ルクセンブルク貿易投資事務所 貿易投資に関する情報
外務省 海外安全ホームページ


交通機関

ルクセンブルク空港 空港情報
ルクセンブルク鉄道(CFL) TGV,国内鉄道移動等の時刻表検索・予約情報
バス・電車 (Mobilitéit) バス・電車時刻表